使用上の注意点

古来より健胃作用、抗炎症作用、鎮痛作用などに優れていると言われています。 食欲が落ちたときは精油を芳香浴で使用したり、 風邪で体が冷えている際には体を温める為にも利用できます。 また胃腸を強壮にする効果も期待ができるので食欲の無い時に使用する場合があります。

このように優れた作用を持つ反面使用に際していくつかの注意点があります。

まず妊娠初期での使用は細心の注意が必要です。 精油には子宮強壮作用があり、皮膚がデリケートになる時期の為使用は控えた方が良いでしょう。 しかし、どうしても必要にかられる場合は芳香浴のみであれば差し支えがありません。 特に妊娠初期は胎児の細胞分裂が盛んな為デリケートな時期です。 そして体調も安定しない人がほとんどなのでアロマテラピーはお勧めしません。 香は生のすりおろした匂いよりもスパイシーで、 酸味の中に甘みのあるような刺激的な強い香です。つわりの時期には刺激をする可能性があります。

続いて敏感肌の方にも注意が必要となります。 肌を刺激するので低濃度での使用、若しくはブレンドをした上での使用をお勧めします。 アロマバス等では刺激を受けやすいので芳香浴にしていただくと良いでしょう。 アレルギー体質の方も同じく上記のことにご注意ください。

Comments are closed.